現代社会で増えている病|うつ の症状を正しく知ろう|真面目な人がなる病

うつ の症状を正しく知ろう|真面目な人がなる病

女の人

現代社会で増えている病

ナース

具体的な精神と身体の状態

うつ病は、食欲・意欲・性欲などの低下や不眠などの継続的な心理的症状、そして身体にも自覚症状を伴う場合もあると言います。こころの病気とも言われていますが、精神的または身体的ストレスなどあらゆる理由が関係して、脳の機能障害を引き起こしていると考えられています。うつ病の症状はいくつか種類があります。代表的なものでは、先ず意欲低下・抑うつ気分・思考力低下と言った精神的な症状です。次に睡眠関連やホルモンなどの異常・疲労や疲れ、身体のだるさなどの様々な身体的症状も現れます。うつ病と言えば、精神的な症状の方に注目されやすい傾向にあるものの、身体的症状が先に現れると言われています。うつ病の初期段階にみられる症状には、睡眠障害・食欲不振による体重の減少または食欲の増加による体重の増加などがあります。これらには、自律神経系やホルモン、交感神経などの異常が関係していると考えられています。近年では、メランコリー型と非定型の2つに大別され、非定型は「新型うつ」とも呼ばれています。メランコリー型の特徴は、過度なストレスやリラックスすることが苦手な人に多くみられると言う点です。一方の非定型では、嫌悪感を抱いた時に起こりやすいと言う特徴がみられます。

サポート予防で大切なこと

うつ病は、誰にでも患う可能性がある病気です。家族などの身近な人が発病した場合には、病気を正しく理解してサポートすることが必要となります。うつ病は簡単に治るような病気ではなく、症状も様々で少し難しい一面も持ち合わせています。そのため、サポートしている側も引きずられるようにうつ病を発病してしまう可能性もあります。そのため、患者とは適度な距離感を保つことも非常に重要です。うつ病になると、表情や行動に少しずつ変化が出てきます。そのため、変化に気付いた際には、なるべく早い段階で医療機関を受診することが推奨されています。それは、放っておくと症状が悪化してしまう病気だからです。現代は何かとストレスが多い社会であるため、うつ病になりやすいと言われています。ゆえに、予防することも大変重要です。具体的な予防策としては、ストレスを蓄積させない(上手く発散させること)が効果的と考えられています。人によっては、家事や仕事量を減らすなど、周囲の協力や理解も要します。身体を休めたり、運動やスポーツで精神的疲労の解消を図るなど、積極的に心身のリフレッシュを行なうよう促されています。

Copyright © 2016 うつ の症状を正しく知ろう|真面目な人がなる病 All Rights Reserved.