気分が落ち込む理由|うつ の症状を正しく知ろう|真面目な人がなる病

うつ の症状を正しく知ろう|真面目な人がなる病

女の人

気分が落ち込む理由

メンズ

病気である可能性

現代社会において「うつ病」は深刻な社会問題となっています。ところが多くの人は、気分が必要以上に落ち込んでいても病気だと気がついていません。それどころか、「こんな自分は駄目な人間だ」とさらに自分自身を追い込んで症状を悪化させるパターンすらあります。これを回避するためには、うつ病の症状を正しく知り、おかしいなと思ったら早期に病院へいくことが必要です。うつ病の特徴として、精神に異常をきたすものと身体に影響がでるものの2種類があることが挙げられます。まず精神面での代表的な症状は、どうしようもなく落ち込んだり、なにをしても楽しいと感じられなかったり、物事を悪い方にしか考えられなかったりすることです。これらは生きる気力を奪い、時には「死んだほうがマシだ」という考えを生んでしまいます。また、こうした悲しい気持ちになるだけではなく、イライラしたり攻撃的になったりと、怒りの方向へ気持ちが向かうこともあります。この2つの症例は決して矛盾しているわけではなく、こうした症状が1日の中で変化するのもうつ病の特徴なのです。身体に及ぼす代表的な影響は、睡眠障害や食欲の異常な低下、または増加、常に身体がだるいといったものが挙げられます。これらは健康に害を及ぼすだけではなく、例えば肥満化などによりさらに自己嫌悪に陥ることで負の連鎖が生まれてしまいます。

病院へ行くことが大切

うつ病の症状について知っていただいたところで改めて強調したいのは、少しでも自分がうつ病ではないかと疑ったらすぐに病院へ行くべきだということです。中には精神科や心療内科に通うことを恥ずかしいと考える人もいるかもしれませんが、うつ病はれっきとした病気で、正しい治療を行わなければ治りません。世間体を気にするよりも自分の身を案じるべきです。ここで先ほど挙げた精神科と心療内科の違いをご説明します。どちらが正しいということはなく、また受診できないということもありませんが、自分の症状にあった方を選択した方がより効果的です。精神科はその名の通り精神面での疾患を専門に扱います。精神疾患の症例は先ほど挙げましたが、ああいった症状が出たらこちらを受診してみるのがいいでしょう。心療内科は心身症を専門に扱います。心身症とは通常の検査をしても異常が見つからないものの、たしかに身体に異常をきたしている障害を言います。具体的には睡眠障害など、身体に及ぼす影響としてさきほど挙げたような症状です。また、うつ病からくる心身症は精神科の領域になります。どちらを受診するか迷ったら精神科をたずねてみましょう。

Copyright © 2016 うつ の症状を正しく知ろう|真面目な人がなる病 All Rights Reserved.